「シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ」の記事一覧

血便を予防するおすすめ乳酸菌入りキャットフード

キャットフードの基本 シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ 病気・症状別キャットフード

猫のトイレを毎日掃除しますが、そんなときに血便を見つけたら、驚いてしまいますよね。我が家の超高齢猫(20歳メス猫)も、血便を出したので、病院でみてもらいました。 我が家の猫は、ウンチの表面に鮮血がついている状態でした。し […]

猫が長生きするためのポイントとおすすめキャットフード

キャットフードの基本 シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ

最近は、猫が病気にかかった際の治療方法がすすんだり、食事の質がよくなったりしているため、長生きする猫が多くなってきました。 我が家の猫の年齢は、20歳、17歳、16歳、9歳(2匹)です。最も長生きの猫は、腎臓の働きが弱っ […]

シニア猫に最適な穀物不使用(グレインフリー)キャットフード

キャットフードの基本 グレインフリーキャットフード各社について シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ

最近は、販売されるキャットフードの品質が良くなったこともあり、10歳を過ぎても若々しい猫が多くいます。そのため、見た目は、毛艶も良く、元気そうに見えます。しかし、猫の老化は少しずつ始まっています。 いつまでも、若い時と同 […]

甲状腺機能亢進症でも元気な猫が食べる低ヨウ素キャットフード

キャットフードの基本 シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ 病気・症状別キャットフード

我が家には、甲状腺機能亢進症になって約2年になる猫がいます。甲状腺機能亢進症が見つかったときは、こんな怖い病気になってしまったとショックを受けていました。 その後、病状が不安定なときもありましたが、現在の甲状腺の数値は安 […]

猫の糖尿病を予防する糖質制限のおすすめキャットフード

キャットフードの基本 シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ 病気・症状別キャットフード

猫も7歳以上になれば、シニアの仲間入りになります。そのあたりから、猫に糖尿病が見つかりはじめます。糖尿病は、肥満が原因です。しかし、肥満している猫が必ず糖尿病になるわけではありません。 我が家には5匹の猫がいますが、今の […]

シニア猫から高齢猫まで便秘改善のキャットフードとは

キャットフードの基本 シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ 病気・症状別キャットフード

  猫によりますが、7歳以下の若い猫は、あまり便秘に悩むことがなくても、シニア(7歳以上)になれば、身体が老化し、便秘に悩むことが多くなってきます。さらに、高齢猫(15歳以上)になると、身体の水分の巡りが悪くな […]

高齢猫が腎不全と甲状腺機能亢進症を併発した際のキャットフード

キャットフードの基本 シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ

  我が家の長老猫(21歳)が先日の健康診断で、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんこうきのうこうしんしょう)と慢性腎不全(まんせいじんふぜん)を併発していることがわかりました。猫の21歳は人間でいうところの100 […]

猫の腎臓を守る、低リン・リン含有量が制限されたキャットフード

キャットフードの基本 キャットフードの栄養・成分 シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ

猫にとってミネラルは健康な身体を維持するために必要な栄養素です。猫が必ず摂取すべき主たるミネラルには、カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウムなどがあります。 ミネラルは互いに働きを補い合いながら機能します。 […]

高齢猫に最適なアカナキャットフードの栄養成分を比較

キャットフードの栄養・成分 シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ

  アカナはカナダにあるチャンピオンペットフーズ社が作るキャットフードです。アカナのキャットフードの特長は、「カナダ産の新鮮な食材が使われている」「タンパク質が37%以上含まれている」「グレインフリー(穀物不使 […]

甲状腺機能亢進症の治療に適した低ヨウ素以外のキャットフード

シニア・高齢猫のキャットフードとお手入れ 病気・症状別キャットフード

  あなたの猫が甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)になってしまった場合、動物病院で受ける治療と同じぐらい重要になるのが食事です。特に甲状腺ホルモンの分泌を抑えるメルカゾール錠を服用しながら治 […]

ページの先頭へ