猫にとってミネラルは健康な身体を維持するために必要な栄養素です。猫が必ず摂取すべき主たるミネラルには、カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウムなどがあります。

ミネラルは互いに働きを補い合いながら機能します。そのため、ミネラルバランスが崩れると、猫の身体に悪影響を及ぼします。猫が健康に過ごすためには、ミネラルがバランス良く摂取されていることが重要です。

今回は、猫の身体に必要なミネラルのうち、「リン」についてお話します。リンは骨格形成のためには、なくてはならないミネラルです。しかし、リンが過剰になると、腎臓に負担を掛けます。

そのため、猫の腎臓機能が衰えだす7歳ごろからは、リンの含有量が制限された「低リン型のキャットフード」に切り替える必要があります。この記事を読めば、リンの働き、リンが過剰になった際の猫への影響、低リン型キャットフードの特長について知ることができます。

ミネラルとは

猫にとってミネラルは、主に2つの働きがあります。

・健康な骨格を作る

・身体を正常に動かす

ミネラルが過剰になっても、不足しても身体は不調に見舞われます。

今回のテーマとなる「リン」は主要必須ミネラルなので、1日に100mg以上、摂取する必要があります。リンは実際に、猫の身体でどのような働きをするのでしょうか。その働きについて以下にお話しをしていきます。

リンの働き

猫が摂取したリンの80%は、カルシウムと結合して骨や歯の成分になります。そして、残りの20%は、猫の細胞膜の成分や神経の伝達をスムーズするために使われます。つまり、リンは猫の身体を正常に保つために欠かせないミネラルです。

しかし、リンだけでは体を正常に保つことはできません。猫の体内でリンがうまく機能するために、カルシウムが必要です。理想的なリンとカルシウムの摂取比率は、リン=1:カルシウム=1.2~1.5となります。リンは、カルシウムに対して少ないのが理想です。

もし、リンとカルシウムのバランスが崩れ、猫の血液中に、リン含有量が増えると、猫の身体は不調になります。以下に、猫の体内のリン含有利用が多くなったときの症状をまとめます。

リンが過剰の場合

猫の血液の中の、リン含有量がカルシウムよりも多くなると「高リン血症(こうりんけっしょう)」になります。

高リン血症の代表的な症状は以下の2つです。

・骨粗しょう症を引き起こす

・慢性腎臓病を悪化させる

それぞれについて詳しく説明します。

骨粗しょう症を引き起こす

高リン血症とは、猫の血中のリン含有量が多くなることをいいます。一方、カルシウムはリンよりも少なくなります。足りないカルシウムは、猫の骨の中にあるカルシウムで補うことになるため、骨がもろくなり、骨粗しょう症を引き起こします。

慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)を悪化させる

猫の体内のリンが過剰になる原因としては、慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)があります。慢性腎臓病とは、猫の腎臓機能が50%以上失われた状態のことをいいます。

慢性腎臓病は、高齢の猫に多く発症します。猫が10歳を過ぎたあたりから徐々に増え、15歳以上になると全体の30%が、慢性腎臓病を患います。

以下の表で実際に15歳以上の猫の慢性腎臓病に罹っている割合を確認することができます。

ロイヤルカナンのホームページから抜粋

腎臓には以下の「3つの役割」があります。

・体内の老廃物の排せつ

・体液の量・濃度のバランスを調整する

・ホルモンを作る

この3つの役割の中で、リンが関係するのは「体液の量・濃度のバランスを調整する」になります。実際のところ腎臓機能が衰えると、リンを身体の外へ排出できなくなり、「高リン血症」になります。

そのため、あなたの猫がまだ若く、腎臓病の心配がない年齢だとしても、7歳を過ぎたころからは低リンキャットフードを与え、慢性腎臓病の予防しましょう。

腎臓は一旦機能を失うと、回復することはありません。あなたの猫が元気に長生きするためには、年齢にあったキャットフードを与えることが重要です。

低リンタイプ(リン含有量が制限された)のキャットフードとは

リンは骨や歯、細胞を作るためにはなくてはならない栄養素です。しかし、10歳以上の猫にとって、リンは、腎臓に負担を掛ける栄養素です。そのため、7歳以上のシニア猫用、12歳以上の高齢猫用のキャットフードは、低リンタイプのキャットフードが多く販売されています。

以下に低リンタイプのキャットフードを紹介します。

ヒルズの低リン型(リン含有量が制限された)キャットフード

ヒルズはアメリカのキャットフードメーカーです。ヒルズは猫のライフステージに合わせたキャットフードを販売しています。低リンタイプのキャットフードは、7歳以上のシニア用、11歳以上、14歳以上の高齢猫用があります。

7歳以上のシニア用は以下の通りです。

11歳以上の高齢猫用は以下の通りです。

14歳以上の超高齢猫用は以下の通りです。

それぞれのリン・カルシウムの含有量については以下の表の通りです。

7歳以上 11歳以上 14歳以上
リン 0.67% 0.62% 0.67%
カルシウム 0.74% 0.8% 0.91%
リン:カルシウム 1:1.1 1:1.29 1:1.35
リン・カルシウムの含有比率評価  

 

 

7歳以上、11歳以上、14歳以上でリンの含有量が微妙に違います。その違いについては、ヒルズに電話にて確認をしたところ、大きな問題はなく、どの年齢のものもリンは同じ量になっているとのことでした。

ロイヤルカナンの低リン型(リンの含有量が制限された)キャットフード

ロイヤルカナンはフランスのキャットフードメーカーです。ロイヤルカナンもヒルズと同じく猫のライフステージに合わせたキャットフードを販売しています。

リン含有量が少ない、低リンタイプのキャットフードは、4種類あります。7歳以上のシニア猫用(標準体重用・太り気味の猫用)と12歳以上の高齢猫用(標準体重用・太り気味の猫用)です。

7歳以上のシニア猫用 インドア7+(標準体重の猫用)は以下の通りです。

7歳以上のシニア猫用 インドアステアライズド7+(太り気味の猫用)は以下の通りです。

12歳以上の高齢猫用 エイジング12+(標準体重の猫用)は以下の通りです。

12歳以上の高齢猫用 エイジングステアライズド12+(太り気味の猫用)は以下の通りです。

4種類のキャットフードのリン・カルシウムの含有量については以下の表の通りです。

インドア7+ インドア

ステアライズド7+

エイジング

12+

エイジング

ステアライズド12+

リン 0.75% 0.69% 0.6% 0.6%
カルシウム 0.9% 1% 0.75% 0.75%
リン:カルシウム 1:1.2 1:1.45% 1:1.25 1:1.25
リン・カルシウムの含有比率評価  

 

 

 

ロイヤルカナンのキャットフードにふくまれるリンやカルシウムは、年齢にあった量で調整されています。

オリジンの低リン型(リン含有量が制限された)キャットフード

オリジンはカナダのチャンピオンペットフーズ社が販売しているキャットフードです。工場はアメリカにあり、現地で収穫される新鮮な魚、肉、野菜、果物がふんだんに使われています。

猫の食性を活かして、タンパク質が中心に作られています。タンパク質の量は、全体の40%以上あります。ちなみに、一般的なキャットフードのタンパク質量は30%前後のものがほとんどです。

リンは肉、魚、卵、乳製品、豆類などに多く含まれている栄養素であるため、タンパク質の量が多いオリジンキャットフードは、リンの含有量が多くなりがちです。そのため、オリジンは7歳以上の猫には適さない味もあります。

実際に、オリジンキャットフードの中身を確認していきましょう。味は4種類あり、パッケージは以下の通りです。

上記はキャット&キティです。主になるタンパク質は、鶏、七面鳥、魚です。

上記はシックスフィッシュです。主になるタンパク質は、大西洋でとれた6種類の魚です。

上記は、フィット&トリムです。主たるタンパク質は鶏、七面鳥、大西洋で獲れた魚です。キャット&キティやシックスフィッシュよりもタンパク質の割合が高いタイプです。

オリジンのキャットフードのリン・カルシウムの含有量については以下の表の通りです。

キャット&

キティ

シックス

フィッシュ

フィット&

トリム

レジオナル

レッドキャット

リン 1% 1.3% 1.5% 1.4%
カルシウム 1.2% 1.5% 1.8% 1.9%
リン:カルシウム 1:1.2 1:1.15 1:1.2 1:1.35
リン・カルシウムの含有比率評価  

 

 

 

推奨されるリンとカルシウムの含有比率は、1:1.2~1.5です。4つの味はほぼ、推奨量と同じになっています。

オリジンキャットフードのリン含有量は、先に紹介したヒルズやロイヤルカナンの低リンキャットフードと比較して、多めに含まれていることが分かります。

そのため、7歳以上の猫にオリジンキャットフードを与えるのであれば、4つの味の中でリンの含有量が低い「キャット&キティ」が適しています。

しかし、あなたの猫が1歳から6歳までであれば、猫の好む味のキャットフードを食べさせてあげましょう。

アカナの低リン型(リンの含有量が制限された)キャットフード

アカナは先に紹介したオリジンと同じチャンピオンペットフーズ社が販売しているキャットフードです。オリジンはアメリカに工場がありますが、アカナはカナダに工場があります。

そのため、アカナのキャットフードはカナダの地元で採れる肉、魚、野菜、果物が使われています。オリジンがタンパク質40%以上に対してアカナはタンパク質37%以上です。タンパク質の量はアカナのキャットフードの方が少なく、リンの含有量も少なくなります。

アカナのキャットフードは全部で3種類の味があり、パッケージについては以下の通りです。

上記はワイルドプレイリ―です。主になるタンパク質は、鶏肉、七面鳥です。

上記はパシフィカです。主になるタンパク質は海や湖で獲れた魚です。

上記はグラスランドです。主になるタンパク質は、牧草を食べて飼育した羊肉です。

アカナのキャットフードのリン・カルシウムの含有量については以下の表の通りです。

ワイルドプレイリ― パシフィカ グラスランド
リン 1.1% 1.1% 1.4%
カルシウム 1.5% 1.5% 1.8%
リン:カルシウム 1:1.36 1:1.36 1:1.29
リン・カルシウムの含有比率評価  

 

 

推奨されるリンとカルシウムの含有比率は、リン:カルシウム=1:1.2~1.5になります。3つの味を比較すると、どれも範囲内になっており、リンとカルシウムのバランスは良好です。

7歳以上のあなたの猫に低リン型(リン含有量が制限された)アカナのキャットフードを選んであげるのであれば、低リン型(リン含有量が制限された)ワイルドプレイリ―、パシフィカを選んであげるようにしましょう。

低リン型(リン含有量が制限された)キャットフードの効果について

我が家には、14歳以上の猫が3匹います。7歳を過ぎるころから低リン型(リン含有量が制限された)キャットフードを与えるようにしています。どの猫も今のところ、年に1~2回健康診断で血液検査では、慢性腎臓病と診断された猫はいません。

慢性腎臓病の診断は、血液検査、腎臓の画像診断、猫の症状を見ながら獣医師が判断することになります。血液検査では、クレアチニン、尿素窒素の数値に異常がないか確認をします。

それぞれの猫の血液検査の結果を紹介します。

現在19歳の猫の直近の検査結果は以下の通りです。

猫の19歳は人間でいうところの92歳です。超高齢猫ですが、今のところ腎臓の値は正常範囲のため、元気に過ごしています。

ロイヤルカナンの12+、アカナのキャットフードがお気に入りです。ただ、高齢猫ゆえに便秘をすることがあるため、水分をしっかり摂れるようウェットフードも食べるようにしています。

以下は、現在15歳の猫の直近の検査結果です。この猫の場合、甲状腺機能亢進症という病気の治療を始めて7か月が経過しました。現在は投薬治療中で状態は安定しています。腎臓の状態は今のところ問題なしです。

尿素窒素の値が少し高めになっているのは、やや脱水症状だったためです。

ちなみに、血糖値が高くなるのは、病院に行って興奮しているためです。環境の変化で血糖値は異常に高くなるときがあります。

甲状腺機能亢進症を発病して6か月までは、食欲にムラがありドライタイプのキャットフードをほとんど食べませんでしたが、それ以後体調が回復したため、どんなキャットフードでも食べることができるようになりました。

以下は、14歳の猫の直近の検査結果です。

7~8歳ごろから、低リン型(リン含有量が制限された)キャットフードを与えるようにしています。リンが制限されていれば、ある程度の年齢まで、慢性腎不全を予防することができます。

あなたの猫が元気に過ごすためにも、7歳以上になったら、低リン型(リン含有量が制限された)キャットフードに変更することをおすすめします。

まとめ

リンは猫の身体に無くてはならない大切なミネラルですが、リンが過剰になると、腎臓の機能にダメージを与えてしまいます。

猫は、歳とともに腎臓機能が衰え、不要なリンを体外に排出することが難しくなるため、リンを摂取しすぎないよう注意しましょう。

猫が7歳を過ぎたころから、毎日与えるキャットフードを低リン型(リン含有量が制限された)キャットフードに切り替えることで、猫の腎臓を労わることができます。その結果、あなたの猫が元気に長生きすることができます。

我が家でも、7~8歳を過ぎたころから低リン型(リン含有量が制限された)キャットフードに切り替えています。

今のところは、元気に過ごしています。腎臓は一旦悪くなると、機能を回復させることはできません。できるだけ負担のかからない食事を選んであげることが、あなたの猫の健康を守ることになります。