猫は尿トラブルの尿結石(にょうけっせき)や膀胱炎(ぼうこうえん)を引き起こしやすい動物です。尿結石というのは尿の通り道となる腎臓から膀胱までの間に結石ができる病気です。また、膀胱炎は、尿道から細菌が入り、膀胱内で炎症を起こす病気です。

膀胱炎は、メス猫がオス猫よりもかかりやすいです。なぜなら、メス猫は、オス猫と比べて尿道が短いため、膀胱に細菌が入りやすいためです。我が家のメス猫も16歳のとき、膀胱炎にかかりました。

膀胱炎は、おしっこが出ないこともあり、猫にとってはつらい症状です。なるべく早めに見つけてあげることが大切です。また、飼い主は、日ごろから膀胱炎にならないよう気をつけることも必要となります。

今回の記事は、膀胱炎についての情報、飼い猫を守るために、日ごろから気をつけることなどをまとめました。

実際に膀胱炎を発症したときの様子

我が家の19歳のメス猫は、3年前(当時16歳)の冬に膀胱炎を発症しました。当初、トイレに入ったり、出たりを繰り返していたのでどうしたのかな?と思って観察していました。しばらくすると、ひんぱんに尿道口を舐めるようになったり、どこでもおしっこをするようなポーズをしたりするようになりました。

どうみても様子がおかしいので、直ちに病院に連れて行き検査をしてもらうことになりました。病院の検査でおしっこに血が混じっていることが分かったので、抗生剤を注射してもらい、1週間ほどで完治しました。

猫の膀胱炎は、その時が初めてでした。トイレに入ったり、出たりを繰り返しているときに違和感を感じていたので、スグに病院に連れていってあげれば良かったと後悔したものです。

尿道口を舐めたり、どこでもおしっこをするポーズをするようになった段階のときは、症状が進んでいるため、ツライ状態だと思います。さらに、手遅れになれば、おしっこが出せなくなり、身体中におしっこの毒がまわる尿毒症になり死んでしまうこともあります。

あなたの猫が、トイレのまわりでウロウロとしているのを見つけたら、要注意です。なるべく早めに病院で診察してもらうようにしましょう。以下に膀胱炎の症状について詳しくお話します。

膀胱炎の症状とは

膀胱炎の症状には以下のようなものがあります。

  • ひんぱんにトイレに行く
  • おしっこがすぐ出ず、いきんでいる
  • 尿道口を舐める
  • トイレではない場所でも、尿意を感じておしっこをする姿勢をする
  • お腹を触られるのを嫌がる(痛そう)
  • おしっこに血が混じる(血尿)

人間が膀胱炎になって感じる症状で代表的なものが頻尿(ひんにょう)です。膀胱に炎症が起き、おしっこがすっきり出なくなり、いつもトイレにいきたいように感じます。何回もトイレに行きますが、思ったほどおしっこが出ないため不快な状態が続きます。

猫も人間と同じように、「おしっこがスッキリでない」という不快な症状を感じ、トイレに何度も入ったり出たりを繰り返すようになるのです。また、膀胱炎の症状が進むと、お腹のあたりに痛みが伴うこともあり、うずくまってしまうこともあります。

猫は、「お腹が痛い!」「おしっこが出なくてツライ!」というふうに症状を言葉で伝えることができません。飼い主が猫の様子に気づいてあげることが大切です。

膀胱炎の原因と予防方法

では、つぎに膀胱炎の原因についてお話をします。膀胱炎には、膀胱内にブドウ球菌や大腸菌などの細菌が侵入して炎症を起こす「細菌性膀胱炎」と、原因が特定できない「特発性膀胱炎」があります。

細菌やウィルスに感染するのが原因です。そのため、猫の高齢になれば、免疫(めんえき)が落ち、細菌やウィルスに感染しやすくなります。

免疫とは、身体の外部から侵入した細菌やウィルスが悪さをしないよう、監視し倒す身体の機能のことです。年齢が若いうちは免疫力が高いため、少々のウィルスも気になりません。しかし、猫も10歳を過ぎることには人間の50代ぐらいになり、徐々に免疫も衰えてきます。

10歳以上の高齢猫になったら、身体にあった栄養バランスの良いキャットフードを選んであげたり、室内の気温を一定に保つようにしたり、猫の免疫力を維持できるような配慮をしてあげましょう。

また、猫はとてもキレイ好きな動物です。そのため、トイレが汚いとストレスを感じてしまいます。ストレスは、免疫力が落ちる原因となることもあります。猫が「トイレが汚い!」「こんなところでトイレなんてできないよ!」と感じないよう、いつもトイレを清潔に保つようにしましょう。

また、寒い時期は水を飲む量が少なくなり、おしっこをする回数が減るため、膀胱内の細菌が多くなり引き起こされます。暑いとき、寒いとき関係なく、年間を通して水分をしっかり摂れるよう、気をつけましょう。

では、次に猫が膀胱炎を発症するのを予防するための3つの方法についてお話をします。

膀胱炎予防その1:猫の数+1のトイレを準備する

猫はとてもきれい好きです。そのため、トイレが汚れているとストレスを感じることがあり、おしっこを我慢してしまいます。トイレはいつも清潔に保ち、猫が気持ちよくおしっこを出来るようにしておきましょう。

我が家は、朝と夕方の2回トイレをチェックし、汚れていたらすぐ掃除します。トイレも1~2週間に一回は、猫砂を入れ替えます。その際、トイレの容器を洗い、天日でよく乾かします。紫外線をあてることで、除菌や消臭効果もあり、トイレを清潔に保つことができます。

また、トイレの数にも注意が必要です。猫が1匹だけの家庭であれば、2個のトイレを。我が家のように多頭飼いの家庭であれば、猫の頭数+1個のトイレを準備するようにしましょう。

多頭飼いでトイレの数が少ないと、ウンチやおしっこで汚れがちになります。後から家にやってきた弱い立場の猫が、遠慮してしまい使いたくても使えないということが起こるかもしれません。その結果、おしっこを我慢することにつながります。

どんなときも、猫が気持ちよくトイレを使うことができるよう、多めのトイレを準備しておきましょう。ちなみに、我が家は5匹の猫がいるため、合計6個のトイレを準備してあります。

また、トイレは、静かな環境に置いてあげましょう。なぜなら、トイレをしている猫は、無防備な状態になるため、騒がしい場所では、落ち着いて用を足すことができないからです。

私たちも、人が大勢いる騒々しい場所のトイレよりも、少し奥まった場所にあるトイレの方が落ち着きます。猫もトイレに関しては同じと考え、トイレを置く場所は、玄関などの人の出入りがある場所よりも、人があまり来ない奥まった場所を選んであげましょう。

ちなみに、我が家のトイレの置き場所は、2階の物置部屋です。トイレを並べて置いてあります。猫がリラックスして排泄できる環境を選ぶことで、おしっこを我慢して膀胱炎になるのを防ぐことができます。

膀胱炎予防その2:たっぷりの水を飲む

飼い猫があまり水を飲まないと感じる飼い主も結構いるのではと思います。そもそも、猫のルーツは砂漠ということもあり、猫の身体は、少しの水分で生活できるようになっています。

しかし、これは水分が少なくても元気に生活できるということにはなりません。あまり水を飲まないと、身体に不要なモノが膀胱内に長くとどまり、細菌が繁殖することで炎症がおきてしまうのです。

そうならなためにも、水をたくさん飲んで、おしっこをどんどん出しましょう。そうすれば、膀胱の中の細菌がおしっこと一緒に排出されることになり、炎症が起こることはありません。

このように、水分補給がしっかりできていれば、膀胱炎を防ぐことができます。しかし、日ごろから、あまり水を飲まない猫は、水の入った容器を置いておくだけで、ゴクゴクと水を飲んでくれるものではありません。

では、実際に、猫が水を飲むためにはどうすればよいのでしょうか。

まずは、家の中で猫がいつも過ごすお気に入りの場所に、いつでも水が飲めるようにしておきましょう。また、猫を観察していると、食後によく水を飲みます。そのため、食事のときに水も一緒に飲めるよう準備しておくと飲んでくれる可能性があります。

そして、水は常に清潔なものを準備してあげましょう。猫はキレイ好きなため、水にほこりや食べカスなどが浮いていると嫌がります。また、水のニオイにも敏感です。時間が経過した水は飲みません。なるべく朝、晩の2回、水を入れ替えるようにしてあげると良いでしょう。

猫の性質を上手く活用する方法は他にもあります、例えば、猫の好奇心旺盛な性格と水を紐づけるために、以下のような動きのある水で気を引くこともできます。あなたの飼い猫にあった方法を探してみましょう。

水分補給という点では、猫のおやつの「ちゅーる」も活用してみると良いですよ。以下の写真のちゅーるは、動物病院で販売されているタイプです。

一般的なちゅーると比較して、カロリーが2倍あります。食が細くなった高齢猫の栄養補助にちょうど良いタイプになります。乳酸菌も配合されているので、便秘がちな猫にも好都合です。

ちゅーるは、ほとんど水分でできたおやつで、味も猫が好むマグロ味、とりささみ味などがあります。だいたい、どの猫も、抵抗なく食べてくれます。1袋食べきりになっています。注意点としては、もし、食べ残したら、開封口をキレイな状態になるよう拭いて、冷蔵庫で保存しましょう。

水分補給は「水」だけではなく、「水分のあるものは何でもOK」と考え、ちゅーるのような便利アイテムを活用することが大切です。
https://petgo-commerce.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/product/petgo/4901133003523/thum-image1.jpg

膀胱炎予防その3:便秘をしない

腸の働きは食べ物を消化吸収することと、病気のもとになる細菌やウィルスから身体を守ることです。身体全体の免疫機能(めんえききのう)の7割が腸管に存在しています。

しかし、便秘で腸内環境が悪化すると、身体を守るための免疫が働かず、細菌やウィルスの攻撃に負けて、いろんな病気を作ってしまいます。

日ごろから、飼い猫のウンチの量やニオイ、色などをチェックして便秘かそうでないかをチェックするようにしましょう。

猫が便秘のときは、ウンチの形がコロコロしており、とても臭いです。また、色はこげ茶色~黒っぽい色になります。

一方、腸内環境が良いと、ウンチ自体に水分が保たれ、ふっくらしています。ウンチ臭はありますが、臭くてどうしようもないという程ではありません。色は黄土色です。

高齢猫になると、運動不足や水分不足になり、便秘がちになります。また、猫はタンパク質が多い食事をするので、腸内は悪玉菌が増えやすい状態になります。放っておくと、慢性的な便秘になり、免疫がガタっと落ちてしまします。

日ごろから、乳酸菌(にゅうさんきん)など善玉菌が入ったキャットフードやおやつを与え、健康的な大腸になるよう気を配ってあげましょう。

ちなみに、善玉菌の代表的なものは、乳酸菌で、ビフィズス菌やアシドフィルス菌などたくさんの種類があります。悪玉菌が増えるのを抑えたり、細菌などが悪さをするのを防いだりする効果があります。

一方、悪玉菌にはウェルシュ菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌があります。有害な物質を放出したり、身体を老化させたり、身体に害を与えます。

我が家の猫が膀胱炎になったのは16歳のときです。当時を思い返してみても、便秘に悩まされていました。病院で腸のレントゲンを写したときも「大腸にガッツリとウンチが溜ってますよ、ひどい便秘ですね」と言われたものです。

便秘を治すために、乳酸菌や、乳酸菌のエサとなる植物繊維やオリゴ糖が入ったキャットフードを勧められ、与えるようにしました。キャットフードを変えてから2週間経過したあたりから、健康的なウンチが出るようになりました。

現在は21歳になりましたが、膀胱炎になることもなく、便秘に悩むこともなく無事に過ごせています。

猫の膀胱炎予防のおすすめキャットフード

膀胱炎を予防するには、腸内の環境を良くすることが一番大切です。そこで、我が家の猫たちも大好きな、腸内環境を良くするキャットフードを紹介します。

膀胱炎を予防するためには、健康的な腸内環境は欠かせません。どれも、腸内環境を良くするための成分がたっぷり入ったキャットフードになります。

アカナ パシフィカ

アカナはカナダのチャンピオンペットフーズ社から販売されている穀物(小麦、トウモロコシ、米)フリーのキャットフードです。アカナは全部で3種類「ワイルドプレイリ―」「パシフィカ」「グラスランド」があります。

肉食動物である猫にとって必要な肉や魚をメインにしており、新鮮で栄養価の高い野菜や果物が豊富に含まれたキャットフードです。

3種類の味の中で今回紹介するのは、「パシフィカ」です。以下がパッケージです。

実際の粒は以下の通りです。

直径1㎝程で平べったい形の粒です。大きさは、猫にとって食べやすい大きさになっています。どの猫もカリカリと小気味良く食べています。

アカナのキャットフードには、以下のような原材料が含まれています。

パシフィカの原材料には、膀胱炎を予防する3つの成分が含まれています。3つの成分は以下の通りです。

1.新鮮丸ごと太平洋ニシン、新鮮丸ごと太平洋イワシ、新鮮丸ごとアブラカレイなどに含まれるDHAやEPA

2.新鮮クランベリーに含まれるキナ酸

3.腸内環境を整えるエンテロコッカス・フェシウム菌

それぞれについて詳しく説明します。

DHAやEPAについて

DHAやEPAは魚油に含まれる脂肪酸です。DHAとはドコサヘキサエン酸のことです。また、EPAとはエイコサペンタエン酸のことです。DHAやEPAは、必ず摂取しなければならない脂肪酸の一つです。

DHAやEPAの主な働きは、血液をサラサラにしたり、血管内の汚れを掃除したりすることです。それ以外の大事な役割は、身体の炎症を抑えることです。膀胱炎は身体で起きる炎症の一種であるため、日ごろからDHAやEPAが含まれたキャットフードを食べることで、炎症を軽減することができます。

パシフィカには他のキャットフードと比べるとDHAやEPAが多く含まれています。

アカナの他の味とDHAやEPAの含有量を比較したものが以下の表です。

パシフィカ ワイルドプレイリ― グラスランド
DHA 1% 0.2% 0.2%
EPA 0.8% 0.2% 0.2%

DHAやEPAが含まれる量は、ワイルドプレイリ―やグラスランドと比較すると、パシフィカが4~5倍多いことが分かります。パシフィカには魚をふんだんに使ってあるため、DHAやEPAを摂取するにはとても有効なキャットフードになります。

クランベリーに含まれるキナ酸

クランベリーは北米原産の赤い粒をした果実です。日本ではドライフルーツやジュースなどが販売されています。実際のものは以下の通りです。

クランベリーは膀胱炎や尿路感染を予防する効果が高いことから、キャットフードに含まれています。では、なぜクランベリーには膀胱炎などを予防することができるのでしょうか。

クランベリーに含まれるキナ酸が猫のおしっこを弱酸性に保つ効果があります。おしっこが弱酸性に保つことで、膀胱内で炎症を起こす大腸菌が増えるのを防ぐ効果があるからです。

腸内環境を整えるエンテロコッカス・フェシウム菌

エンテロコッカス・フェシウム菌は以下の通りです。

ヤクルト研究所「菌の図鑑」参照

エンテロコッカス・フェシウム菌は乳酸菌の一種で、腸の働きを整える効果があります。具体的には、身体に摂り込まれた食物を分解し、腸内の栄養吸収を助けます。大腸内の老廃物を排出するためのぜん動運動を促したり、体内に侵入した病原菌から身体を守ったりします。

猫の腸内にエンテロコッカス・フェシウム菌が生息することで、病気を引き起こす菌を寄せ付けない効果があります。

あなたの猫が膀胱炎になるのを予防したい場合、パシフィカは有効な成分がバランス良く含まれているキャットフードになります。
すべての猫用【アカナキャット】

ナウ

ナウはカナダのペットキュリアン社から販売されている穀物(小麦、トウモロコシ、米)フリーのキャットフードです。

ナウは4種類のキャットフードがあります。穀物フリーのキャットフードでは珍しく、子猫用、成猫用、シニア猫用と年代ごとで作られています。成猫用のみが、チキン味と魚味の2種類作られています。

以下は、成猫用の魚味のパッケージです。

実際の粒は以下の通りです。

キャットフードにはいろんな大きさがありますが、ナウはそのなかでも相当小粒なタイプです。写真で分かるとおり、直径5mmの粒です。

立体的な形状なので、食べやすような猫もあれば、噛む時にポロポロこぼす猫もあります。

ナウの原材料には以下のものが含まれています。

ナウの原材料には、膀胱炎を予防する2つの成分が含まれています。2つの成分は以下の通りです。

1.クランベリーに含まれるキナ酸

2.腸内環境を整える乳酸菌

それぞれについて詳しく説明をします。

クランベリーに含まれるキナ酸

クランベリーについては、前述のアカナキャットフードに記載しました。

腸内環境を整える乳酸菌

ナウには、ラクトバチルス・アシドフィルス菌とエンテロコッカス・フェシウム菌の2つの乳酸菌が含まれています。

ラクトバチルス・アシドフィルス菌は以下の通りです。

ヤクルト研究所「菌の図鑑」参照

ラクトバチルス・アシドフィルス菌は、人や動物の腸内、口腔内、膣内に幅広く存在しています。ラクトバチルス・アシドフィルス菌は、猫の腸内に生息する悪玉菌を退治し免疫力を高める効果があります。

エンテロコッカス・フェシウム菌については、前述のアカナキャットフードに詳細を記載しました。

乳酸菌は数種類あるため、1種類だけの場合、効果を実感するまでしばらくかかることがあります。とくに、便秘体質の猫は腸内環境が改善されるまで相当の期間がかかります。

猫の腸内にあった乳酸菌を探すためにも、ナウのように複数の乳酸菌が含まれているキャットフードを試してみると良いでしょう。

モグニャン

モグニャンはイギリス製の穀物(小麦、トウモロコシ、米)フリーのキャットフードです。

モグニャンのメインになるタンパク質は白身魚です。年齢に関係なく、子猫から老猫まで対象になっています。

以下はパッケージです。
実際の粒は以下の通りです。

モグニャンの粒もナウの粒と同じく小粒です。モグニャンの粒はナウの粒よりも軽い食感に作られています。歯が弱ってきた高齢猫にとって食べやすそうな粒です。

モグニャンの原材料は以下の通りです。

モグニャンの原材料には、膀胱炎を予防する2つの成分が以下の通り含まれています。

1.クランベリーに含まれるキナ酸

2. 腸内環境を整える新鮮な果物

それぞれについて詳しく説明をします。

クランベリーに含まれるキナ酸

クランベリーについては、前述のアカナキャットフードの記載を参照ください。

腸内環境を整える新鮮な果物やビール酵母

モグニャンに含まれる便秘を予防する原材料としては、サツマイモ、ビール酵母、バナナ、リンゴがあります。

腸内環境を良くするものに食物繊維があります。食物繊維は猫の腸内に生息している乳酸菌などのエサとなり腸内環境を改善します。サツマイモやリンゴ、バナナには良質な食物繊維が豊富に入っています。

果物以外の腸内環境に良いものにビール酵母があります。ビール酵母とは、お酒のビールを作るときに欠かせない微生物です。ビールはビール酵母を使い、麦芽を発酵させることで出来上がります。

酵母菌は腸内で良い働きをする善玉菌です。悪玉菌を抑制して腸内環境を改善する効果があります。

膀胱炎を防ぐために、品質の良いキャットフードにはクランベリーが含まれています。ただ、クランベリーをしっかり摂取しても、腸内環境が悪いと大腸菌などの悪玉菌が多くなり、身体を守るための機能(免疫力)が落ちてしまいます。

猫が毎日健康なウンチをするのは、膀胱炎を予防するためには重要です。あなたの猫にあったキャットフードを選んであげましょう。
愛猫の食欲をそそる香りと味わい!プレミアムキャットフード『モグニャン』

まとめ

猫は尿トラブルの多い動物です。尿トラブルにはいろんなものがありますが、膀胱炎は膀胱内に細菌が入って炎症を起こす病気です。

膀胱炎になると、おしっこがすっきり出ないため、猫は尿道口をしきりに舐めたり、トイレに入ったりで出たりを繰り返すようになります。膀胱炎を放置したままで手遅れになると有害な物質が猫の身体中に回ってしまい死んでしまうことがあります。早めに病院で治療してもらいましょう。

膀胱炎を予防するには、日ごろから猫の生活している様子を良く観察するようにしましょう。特にトイレを清潔に保つことや、水がいつでも飲めるようにすることは特に重要です。

膀胱炎を防ぐ食品としては、クランベリーが有名です。クランベリーに含まれるキナ酸は、腎臓や膀胱内を酸性に保ち、大腸菌などの有害な菌が生息できない環境を作ります。

他に膀胱炎を予防するには、猫の腸内環境を良くすることが大事です。腸内環境をよくするために、乳酸菌が含まれたキャットフードを選ぶと良いでしょう。乳酸菌以外にも、食物繊維が豊富な果物、ビール酵母なども腸内環境を良くする食べ物です。