賞味期限(しょうみきげん)とは、未開封の場合において食べ物が安全においしく食べられる期限のことです。キャットフードには、人間の食べ物と同じくパッケージに賞味期限の記載が必ずあります。

また、ドライタイプのキャットフードの一般的な賞味期限は1~2年です。一方、ウェットタイプのキャットフードの缶入りの一般的な賞味期限は3年、ウェットタイプのパウチ入りの一般的な賞味期限は2年です。

未開封であれば、賞味期限はある程度の期間は安全でおいしく食べられます。ただ、開封後の場合、早めに食べ切らないと風味が徐々に落ちてしまいます。

開封後の保存期間は、ドライタイプのキャットフードは1か月ぐらいですし、ウェットタイプは冷蔵庫で保存して一日以上経過したら破棄した方がよいでしょう。

猫は食べ物の匂いに敏感であり、風味の落ちたものは食べたがりません。新鮮なものを好みます。そのため、飼い主は賞味期限が十分にあるもの(新鮮なもの)を手にいれ、正しい保存方法で管理して猫に与える必要があります。

今回は、未開封の賞味期限についてと、開封後の賞味期限についての注意点についてまとめます。

キャットフードの賞味期限表示の確認方法

賞味期限の記載場所や記載方法についてはメーカー各社バラバラです。一般的にはパケージの裏側の上部または下部に記載されています。実際のパケージを掲載しながら5社について説明を行います。

・モグニャン

賞味期限の表示はパッケージ裏面の右下にあります。

「BBD21/05/19」は、2019年5月21日が賞味期限となります。BBDは「BEST-BY DATE」の略で賞味期限の意味になります。実際は以下の通りです。

・ロイヤルカナン

ロイヤルカナンの賞味期限の表示はパッケージ裏面の中央下部分にあります。左上に賞味期限の日付について案内があり、確認しやすいです。2018年12月4日が賞味期限になります。実際は以下の通りです。

・ヒルズコルゲート

ヒルズコルゲートの賞味期限の表示場所はパッケージ裏面中央下です。他のペットフードと違い月/年だけで日付の記載はありません。2018年11月が賞味期限です。実際は以下の通りです。

・アカナ

アカナの賞味期限の表示はパッケージ裏面中央上です。「BB 05 SEP 2018」の場合、2018年9月5日が賞味期限です。モグニャンはBBDが賞味期限を示しましたが、メーカーによってはBBと表示されることもあります。実際は以下の通りです。

・ピュリナーワン

ピュリナーワンの賞味期限の表示はパッケージの裏面左上です。「賞味期限」の表示のすぐ下に表示されておりわかり易いです。ヒルズコルゲートの表示と同じく日付の記載はありません。実際は以下の通りです。

5社の賞味期限の表示には、年/月のものや年/月/日まで表示されているものなど各社特徴があります。海外輸入のアカナやモグニャンについては、BBDやBBが日付の前についています。賞味期限についての特徴を理解しておきましょう。

店頭で購入するときは、賞味期限を確かめ賞味期限に余裕のあるものを購入するようにしましょう。

未開封の賞味期限

未開封のキャットフードは各メーカーそれぞれ風味の劣化を抑えるため、酸化防止剤が含まれるなどの工夫がされています。ただ、時間が経過すれば徐々に風味が落ちるのは仕方のないことです。少しでも風味の劣化を防ぐためにも、未開封のキャットフードを正しく保存することが大事です。

キャットフードを保存するための注意点は以下の3つです。

・直射日光を避け、温度変化の少ない場所に保管する

通常、どんな食べ物も直射日光が当たる場所には置きません。キャットフードも同様です。未開封とはいえ、直射日光が当たることで、パッケージ内の温度が高くなったり、低くなったりします。気温差が激しいとキャットフードが酸化します。風通しの良い日陰に保存しましょう。

・湿気の少ない場所に保管する

キャットフードを冷蔵庫で保管するのは適していません。冷蔵庫内は温度が低いため、一見鮮度を保ちやすいように感じます。ただ、冷蔵庫で保管したドライフードを部屋に出した途端に、冷蔵庫内と部屋の気温差が原因でキャットフードのパッケージの内側に水滴が発生します。

ドライキャットフードの水分量は10パーセント以下に作られていますが、水滴を含むことで湿気ってカビやすくなります。カビが生えてしまったキャットフードを猫は通常たべません。飼い主も猫の健康を考えたときにカビが生えているものは与えたくないはずです。

湿気を避けるためには、除湿剤を活用するとよいでしょう。ちなみに我が家では、除湿剤のついたキャットフードストッカーで開封後のキャットフードを保存しています。以下が実際のものです。

写真の赤丸部分に除湿剤が入っています。このフードストッカーの大きさは、横幅25センチメートル、奥行き34.5センチメートル、高さ31.3センチメートルです。容量1.5キログラムのキャットフードは2袋まで入ります。

除湿剤の大きさは縦・横7センチメートルです。フードストッカーとは別売りになっており、単価は170円ほどです。季節にもよりますが2~3か月ほどで交換しています。拡大した写真は以下の通りです。

季節の影響で湿気が多いときがありますが、除湿剤がついていることで開封後のキャットフードを新鮮に保つことができます。

・まとめ買いはしない

猫が食べる量はある程度把握できます。万一の災害に備えるとしてもキャットフードのストックは2~3か月程度を目安にしておきましょう。

製造工場が日本にあるキャットフードは作り立てのキャットフードが流通します。一方、製造工場が海外のキャットフードは、船便で運ばれますので日本到着するまでに4か月ほどを要します。その後、卸売り業者、小売業者へ流通するまでにはさらに時間がかかります。

製造工場が海外のキャットフードが手元に届くまでを考えると、製造後6か月ぐらい経過しているのが普通です。まとめ買いし過ぎると、賞味期限切れが起こります。

人間の嗅覚と比較すると猫は数万~数十万倍も優れており、風味の違いには相当に敏感です。また、こだわりも強く好き嫌いもはっきりしています。そのため、賞味期限切れのキャットフードを食べないこともあるでしょう。

猫が喜んで食べるものを与えたいと感じるならまとめ買いはせず、こまめに新しいキャットフードを購入したほうがよいでしょう。

開封後の消費期限

ほとんどのキャットフードには、酸化防止剤が入っています。ただ、酸化防止剤の役割は、食べ物が酸化しておいしさが失われるのを遅らせるためのもので、酸化を完全に防止するものではありません。そのため、キャットフードを開封後は、空気に触れることで風味が失われていきます。できるだけ早めに食べ切るようにしましょう。

ただ、ドライタイプ・ウェットタイプそれぞれの開封後のキャットフードについては、食べ切る期間や保存方法が違います。以下にその違いをまとめました。

ドライキャットフードの場合

ドライタイプキャットフードの開封後は、一か月以内で食べ切るようにしましょう。キャットフードの標準サイズは1.5~2キログラムのものがほとんどです。

例えば、体重が5キログラムの猫の場合、1日60グラムのドライタイプのキャットフードを与えると1か月でどのくらいの量が必要になるでしょうか。この場合、月1800グラムになります。

猫の体重により1日に与える量が違いますので、例を以下にまとめます。

・体重が4キログラムの猫の場合 50グラム(1日)×30日=1500グラム

・体重が5キログラムの猫の場合 60グラム(1日)×30日=1800グラム

・体重が6キログラムの猫の場合 70グラム(1日)×30日=2100グラム

猫の大きさによって1日の消費量は変わってきますが、標準サイズの1.5~2キログラムを購入すれば、1か月で食べ切ることができます。標準サイズを購入することで、猫は常に新鮮なキャットフードを食べることができます。

ウェットキャットフードの場合

ドライキャットフードは開封後の約1か月で食べ切るのが理想でした。では、ウエットタイプキャットフードはどのくらい保存が効くのでしょうか。各メーカーに詳しく確認したところ、共通した回答を得ることができました。以下にタイプ別にまとめます。

パウチタイプ

パウチに入ったウェットフードは以下のとおりです。

・100グラムのパウチのうち、最初に与える50グラム

パウチを開封し、猫に最初に与えた際、30分以内で食べ切るようにしましょう。ウェットタイプは約75パーセントの水分を含んでいます。時間が経過することで表面が乾燥すれば風味が落ち、猫は食べなくなります。猫が残したウェットフードは食べないと判断して破棄した方がよいでしょう。

1回に50グラムが食べ切れない場合、与える量を30グラム量に減らし、その分だけ食事回数を増やすなど、猫が食べ切れる量に合わせることで無駄をなくすことができます。

・100グラム入りパウチのうち、残り50グラム

ウェットフードは生ものですから、開封後は必ず冷蔵庫での保存を徹底しましょう。ウェットフードを常温で置いておくと酸化がはじまります。酸化したフードには雑菌が繁殖し、それを食べた猫が嘔吐や下痢を引き起こすこともあります。

ウェットフードには脂質が含まれており、脂質の酸化は猫の体に動脈硬化やガンを引き起こします。劣化した食事が猫の健康を損ねることになりますので十分に気をつけましょう。

冷蔵庫に保存する際は、開封口をサランラップで保護するか、ナイロン袋に入れるなどして乾燥を防ぎましょう。ウェットフードにとって乾燥は大敵で、風味を損ねる原因になります。

缶タイプ

缶に入ったウェットフードは以下のとおりです。

・100グラムの缶のうち、最初に与える50グラム

気をつける点は、パウチタイプと同様になります。パウチタイプを参照ください。

・100グラム入り缶のうち、残り50グラム

缶に入ったウェットフードは、ガラスや陶器、プラスチックの容器に移し変えて冷蔵庫で保存しましょう。以下のようになります。

フタ付きのガラス容器に入れ冷蔵庫で保存します。

缶詰を開封した後は密閉できないため、空気にさらされたり、微生物が繁殖したりします。また、缶の内側に指が触れてうっかりケガすることもあるため気をつけましょう。

賞味期限の訳ありキャットフード

キャットフードを購入する場合、店舗で購入する方法とネットで購入する方法があります。その際に気をつけたいのが、訳ありキャットフードです。

訳ありとは、賞味期限が間近になったキャットフードのことです。どのくらい近いかは店舗ごとにさまざまです。賞味期限が6か月で間近と表示されることもあれば、3か月で間近と表示されることもあります。店舗で訳あり品を販売するときは以下のように別コーナーが設けられています。

私が賞味期限を確認したところ、残り3か月ありました。

また、ネットで訳ありキャットフードと表示のあるものを確認した際は、既に賞味期限切れになっているのに「賞味期限 間近」と表示されていることもありました。

賞味期限が間近なキャットフードは猫に与えても問題はありません。ただ、開封後は1か月で食べ切る方が良いため、賞味期限を確認して残り3週間以内のキャットフードは買わない方がよいでしょう。

まとめ

賞味期限(しょうみきげん)は食べ物がおいしく食べられる期限のことです。キャットフードにはすべて賞味期限が表示されています。各メーカーによっては、記載方法・記載場所はさまざまですが各社の特徴を理解すれば、賞味期限の見方は簡単です。

猫は味覚よりも嗅覚で食べものを判断します。賞味期限切れのものは敏感に察知し食べないこともあります。賞味期限内の新鮮なキャットフードを与えることが、猫の食べる喜びや健康につながります。

賞味期限を守っていても保存状態が悪いとキャットフードの劣化を招くことがあります。直射日光や湿気を避けた涼しい場所に保管し、まとめ買いしすぎないよう気をつけましょう。

キャットフードの開封後は、ドライタイプのキャットフードは1か月以内で食べ切りましょう。ウェットタイプは、1日以内で食べ切るようにしましょう。

キャットフードには酸化防止剤が含まれていますが、酸化することがなくなるわけではなく酸化を遅らせるだけです。酸化したキャットフードを食べることで、猫の健康を損なうことにつながります。飼い主が新鮮なキャットフードを選び、正しく保管することで飼い猫の健康を守ることができるのです。