去勢・避妊手術をした後の猫は、ホルモンバランスが崩れ、太りやすい身体になるため、食事管理が欠かせません。

食事管理を行う際に、低脂肪・低カロリーのキャットフードを与えることで、ある程度の食事管理ができます。低脂肪・低カロリーのキャットフードは、いろんな種類のものがありますが、猫が一番必要とする栄養のタンパク質が多く含まれているものを選びましょう。

今回の記事は、低脂肪・低カロリーフードの選び方についてお話します。キャットフードもいろいろあり、どれを与えるべきか迷ってしまうことがあります。しかし、この記事を読めば、あなたの猫の健康を維持しながら、肥満を予防する、低脂肪・低カロリーのキャットフードの正しい選び方を理解することができます。

低脂肪・低カロリーキャットフードが必要な猫

低脂肪・低カロリーのキャットフードに切り替える必要がある猫というのはズバリ肥満体の猫です。肥満かどうかを確認する目安としては、あなたの猫の満1歳時よりもどのくらい太っているかで決まります。

具体的な目安としては、あなたの猫の満1歳になったときの体重に比べて、30%以上太っていれば、肥満体と思って良いでしょう。例えば、満1歳時の体重が4㎏であれば、30%増量した体重は、4㎏×1.3%=5.2㎏になります。

実際のところ、猫は去勢・避妊手術をした後、ホルモンのバランスが崩れ身体の代謝が落ちるため、気を付けないと、ほとんどの猫は太ります。そして猫が太り過ぎると、糖尿病や心臓疾患、関節痛などのリスクが高まります。

飼い主は、太った猫はコロコロして可愛いなどと思わず、食事管理をしっかり行いましょう。去勢・避妊手術した後は、なるべく早い内から、低脂肪・低カロリーフードを取り入れながら、体重を管理しましょう。

低脂肪・低カロリーのキャットフードを選ぶポイント

では、実際に低脂肪・低カロリーのキャットフードを取り入れる際、どんな点に注意したら良いのでしょうか。選ぶときのポイントは以下のとおりです。

1.良質なタンパク質を備えているキャットフード

2.良質な脂肪が含まれているキャットフード

3.猫の胃腸に負担が掛からないよう炭水化物の量が少ないキャットフード

それぞれについて詳しい説明をします。

猫が必要とする良質なタンパク質

肉食動物の猫にとって、一番大事な栄養素はタンパク質です。猫は、肉や魚などのタンパク質を、身体の中でアミノ酸に分解し吸収します。吸収したアミノ酸は肝臓に運ばれ、必要な分だけ身体に合成されたり、エネルギーの源になったりします。

タンパク質を構成するアミノ酸は、身体の中で作り出せる非必須アミノ酸と、身体の中で作り出せない必須アミノ酸があります。必須アミノ酸は、食事からの摂取が必要となります。

猫の必須アミノ酸は10種類(バリン・ロイシン・イソロイシン・リジン・メチオニン・スレオニン・トリプトファン・フェニルアラニン・ヒスチジン・アルギニン)あります。必須アミノ酸は、それぞれのバランスを保ちながら身体の中で活用されます。

しかし、もし、9種類の必須アミノ酸の必要量が確保されていても、1種類のアミノ酸の量が不足している場合、不足したアミノ酸が基準となり、他の9種類の利用量が決まります。そして、余った9種類のアミノ酸は、不要なものとして、身体から排出されてしまいます。

そんなことが起これば、アミノ酸は全く足りていないことになり、猫の身体は病気になってしまうでしょう。そうならないためにも、猫が必要としている10種類の必須アミノ酸がしっかり含まれたキャットフードを選びましょう。

では、10種類の必須アミノ酸が含まれたキャットフードを選ぶときのポイントとはどのようなものがあるのでしょうか。良質なタンパク質が含まれているものを選ぶには、原材料欄をチェックし、鶏肉、魚が最初に載っているものを選びましょう。

低脂肪・低カロリーのキャットフードでも、原材料の最初に鶏肉、魚が表示されているものはあります。猫の食事の基本はタンパク質と覚えておき、原材料の最初にトウモロコシ、小麦が載っているものは与えないよう気を付けましょう。

猫が必要とする良質な脂肪

猫にとってタンパク質の次に大事な栄養素は、脂質です。脂質の働きは具体的に、猫の身体を動かすときのエネルギーになったり、食物の中のビタミンA、D、E、Kの吸収を促したりする働きがあります。また、被毛を艶やかに維持し、細菌感染や皮膚病を防ぎます。

脂質は脂肪酸からできています。脂肪酸は肉やバターなどの飽和脂肪酸(ほうわしぼうさん)とマグロやイワシなどの青魚に含まれている不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)があります。

不飽和脂肪酸を多く含むものに青魚(マグロ・イワシ)があり、血管内の汚れを掃除したり、免疫力を高めたりする働きがあります。ただ、劣化しやすい性質があるため、直射日光や温度変化には気を付けましょう。

不飽和脂肪酸は体内で合成できない脂肪酸です。そのため、食品から摂取する必要があり、必須脂肪酸(ひっすしぼうさん)と呼ばれています。猫の必須脂肪酸は、リノール酸・アラキドン酸・α-リノレン酸の3つです。

リノール酸は、ひまわり油・コーン油・大豆油・ゴマ油等に含まれています。また、アラキドン酸は、鶏卵・さわら・真サバ・わかめ等に含まれています。主に動物性の食材に多く含まれています。次に、α―リノレン酸は、えごま・なたね油・大豆油等に含まれています。

猫の身体に必須脂肪酸が不足すると、皮膚の乾燥やフケ、食欲の減少、脳機能の不調などに見舞われます。猫の健康を維持するために必須脂肪酸は、欠かせない栄養素なのです。

そのため、低脂肪・低カロリーのキャットフードを選ぶときは、必須脂肪酸が十分含まれているのかしっかり確認しましょう。

猫の胃腸に負担を掛けないキャットフード

最後に、猫の胃腸に負担を掛けないキャットフードについてお伝えします。ほとんどのキャットフードには、炭水化物が含まれています。炭水化物には、植物繊維や糖質が含まれています。猫は、身体を舐める習慣があり、毛玉を飲み込むことがあるため、食物繊維は猫の身体に溜まった毛を掃除する役割があります、

しかし、炭水化物の糖質は、タンパク質がしっかり摂れていれば必要ありません。なぜなら、猫の身体は、タンパク質をアミノ酸に分解して、糖質を補うことができるためです。

そのため、猫にとって炭水化物は、多く必要としません。むしろ、炭水化物は、消化に負担がかかるため、猫にとっては、少ない方が都合が良いのです。

炭水化物の割合が少ないキャットフードとしては、穀物(グレイン)フリーのものがあります。小麦やトウモロコシが使用されておらず、タンパク質の比率が高いのが特徴です。消化吸収が良く、猫本来の食性を捉えています。

猫の胃腸への負担が少ないものの代表は、穀物(グレイン)フリーのキャットフードです。また、低カロリー・低脂肪キャットフードとしても適しています。

低カロリー・低脂肪のおすすめキャットフード

世の中に多く出回っている、低カロリー・低脂肪ーのキャットフードの中で、肥満猫に適したキャットフードの条件についてお話をしてきました。ここからは、具体的におすすめの低カロリー・低脂肪のキャットフードについて紹介していきます。

アカナ パシフィカ

アカナは原材料に新鮮な肉・魚、果物、野菜が使われている穀物(グレイン)フリーのキャットフードです。「鶏肉中心のワイルドプレイリ―」「魚中心のパシフィカ」「牧草で育てた羊肉を使ったグラスランド」の3種類の味があります。

3種類の中で肥満猫におすすめするのは、魚をメインに使った「パシフィカ」でパッケージは以下の通りです。

原材料は以下の通りです。

良質なタンパク質について

パシフィカは、ニシン、イワシ、アブラカレイ、ニシンミール、タラミール、シロガネダラミールなど多種の魚をメインにしています。魚が豊富に使われている、タンパク質メインのキャットフードです。

パシフィカの特筆すべき箇所は、魚名の前に「新鮮丸ごと」という形容詞が付いている点です。

タンパク質を構成するアミノ酸にはたくさんの種類があります。もし、1種類の魚だけを使っていたり、魚の身体の特定の部位だけを使っていたりするキャットフードであれば、得られるアミノ酸は特定のものだけに限定されてしまいます。

そうなれば、猫にタンパク質の多いキャットフードを与えたとしても、実際には偏ったものしか与えていないことになり、結果栄養不足になってしまいます。

しかし、アカナのパシフィカは、多種の魚を丸ごと使っているキャットフードです。幅広いタンパク質を摂取することが出来るので、栄養不足になることはありません。

良質な脂質について

アカナに使われている青魚(サバ、ニシン)には、身体に良い不飽和脂肪酸が多く含まれています。

不飽和脂肪酸は食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸です。必須脂肪酸には、オメガ3とオメガ6がありますが、青魚(サバ、ニシン)に含まれているのはオメガ3の脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸は、血管内の掃除をする効果があり、身体全体の血流がアップします。また、内臓の働きも良くなり、健康には欠かせません。

アカナの3種類のキャットフードに含まれるオメガ3脂肪酸の量を以下に比較してみました。

パシフィカ ワイルドプレイリ― グラスランド
オメガ3脂肪酸 2.2% 0.9% 1%
オメガ6脂肪酸 2% 2.9% 2.5%

表より、パシフィカに含まれるオメガ3脂肪酸が一番多く、他の味と比較して約2倍含まれていることがわかります。もし、3つの味のうちどれから食べさせようかと考えているなら、まずはパシフィカから試してみることをおすすめします。

オリジン 6フィッシュ

オリジンもアカナと同様に新鮮な肉・魚、野菜、果物を原材料にした穀物(グレイン)フリーのキャットフードです。

オリジンは、「鶏肉・七面鳥中心のキャット&キティ」「魚を中心とした6フィッシュ」「ビーフ・ヤギ肉・羊肉などを中心としたレジオナルレッド」「鶏肉・魚をバランス良く含有したフィット&トリム」の4種類があります。

4種類の中でのおすすめは、「6フィッシュ」でパッケージは以下の通りです。

原材料は以下の通りです。


良質なタンパク質について

6フィッシュのタンパク質は、太平洋サバ、太平洋ニシン、大西洋カレイ、アカディアンレッドフィッシュ、太平洋アンコウ、シルバーヘイク、乾燥サバ、乾燥ニシン、乾燥アオギスが含まれています。

先に紹介した、アカナよりも多種な魚を丸ごと使用しており、タンパク質のクオリティの高さも保証されたキャットフードです。

良質な脂質について

6フィッシュの原材料はサバ、ニシンなどの青魚が中心です。青魚には、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

オメガ3脂肪酸は、身体に良い影響をもたらす善玉の脂肪酸です。あなたの猫が太り気味であれば、身体に良いオメガ3を多く含むオリジンの6フィッシュをおすすめします。

オリジンの4種類のキャットフードに含まれるオメガ3脂肪酸の量を以下に比較してみました。

6フィッシュ キャット&キティ レジオナルレッド フィット&トリム
オメガ3脂肪酸 2.2% 0.8% 1.2% 1.2%
オメガ6脂肪酸 2% 3.5% 2% 3%

上記の表より、6フィッシュに含まれているオメガ3脂肪酸が一番多いです。肥満猫に対しては、6フィッシュをメインに与えてあげると良いでしょう。

オメガ3脂肪酸は、身体の掃除をする脂であるため、積極的に摂取した方が良いです。しかし、劣化しやすいというデメリットがあるため、開封したキャットフードは、必ず涼しい日陰の場所で保存するようにしましょう。

ロイヤルカナン 療法食満腹サポート

ロイヤルカナンはフランスのペットフード製造会社です。日本ではホームセンターやペットショップでおなじみのキャットフードです。一般向けのもの以外に療法食(りょうほうしょく)も販売しています。

あなたの猫の身体が太りぎみであれば、療法食のなかの「満腹サポート」を試してみるのも有効です。

実際のパッケージは以下の通りです。

満腹サポートはカロリーが低く作られています。食物繊維が多く、腹持ちの良いキャットフードです。

原材料は以下の通りです。

原材料を確認すると、腹持ちの良い理由の1つとして、「タピオカ」が含まれていることがわかります。タピオカとは、キャッサバ芋の根茎から作られるでんぷんのことです。

デザートドリンクの中に、タピオカを粒にしたものが入っています。もちもちした食感が特徴です。実際のものは、以下のとおりです。

タピオカブームということもあり、ご存知の方も多いと思います。肥満猫は、おねだりの頻度が多く、過食になりがちです。満腹感の継続する食事を与えたいと思う場合、「満腹サポート」は適した低脂肪・低カロリーキャットフードです。

最後に注意点として、「満腹サポート」は、療法食(りょうほうしょく)ということをお忘れなく。あなたの猫に与える際は、獣医師に相談し、必要であれば与えるようにしましょう。

低脂肪・低カロリーのキャットフードを与える場合の注意点

先ほど、紹介したキャットフードは、低脂肪・低カロリーのキャットフードです。今食べているキャットフードから徐々に移行し、2~3か月継続してみましょう。

キャットフードを与える際は、キャットフードの袋に記載の給与量を守りましょう。給与量は、猫に必要な栄養を摂るための目安です。勝手に量を調節して、減らすことの無いよう気を付けましょう。

猫に与えるキャットフードの量が減れば、一時的に体重を減らす事ができますが、猫の身体の筋肉量を減らしたり、栄養バランスが狂ったりして、猫に多大なストレスを与えることになります。猫の様子を観察しながら、気長にダイエットに取り組むようにしましょう。

まとめ

猫の肥満は、去勢・避妊手術後から徐々に始まります。手術後は、キャットフードの量をしっかり管理しましょう。決まった量を与えて猫が太っていくようなら、キャットフードの見直しが必要です。

その際に、低脂肪・低カロリーのキャットフードを選ぶようにしましょう。良い低脂肪・低カロリーキャットフードの条件は以下の3つです。

・良質なタンパク質が含まれているもの

・良質な脂質が含まれているもの

・穀物(小麦・トウモロコシ・米)グレインフリー

これらの条件が揃ったキャットフードを選ぶことで、肥満を避けることができます。肥満は、糖尿病や心疾患、関節炎のもとになります。あなたの猫が健康に過ごすためには、早い内からの体重管理、食事管理が重要です。